消費できてよかった

結婚前まで多くの借受があったのですが、付き合って要る妻には戯言をついていて、まったく借受がないと言っていました。
今までのお金のことは妻には伝えていなくて、自分の集積なども見せたこともありませんでした。
妻に戯言をついていることに引け目があったことや、結婚前として、妻だけではなく、ライバルの親子にも借受があることをバレる恐れがあったのです。
このままではいけないというブライダルをするまでに返済することにしました。
手元にはお金がなかったのですが、過去亡くなった祖母の遺産を受け継いでいたことを思い出して、その通帳を探しました。
クローゼットの深層にあり、通帳の総額を見てみると、借受の総額以上の金額が銀行の中にありました。
そのお金において利回りの分の費用を増やさないために、早めにまとめて完済することにしました。
そのために借りてある業者に連絡して、完済することを伝えて、安全結婚前に戻すことができました。
お金を残してくれた祖母にも感謝していて、自分の手元にもなかったので自分だけでは完済することは困難でした。
付き合って掛かる妻はそれから、婚約もしていて見廻りことや親子のことも気にすることもなくブライダルをすることができます。