結婚して辞めていく人を見て・・・

わたしは看護師の仕事が好きで、誇りをもって働いていました。一生この仕事を続けていくという気持ちで学生のころから勉強をして、やっと夢であった看護師になれたのです。しかし、30歳を過ぎてから、周囲の同僚が次々に結婚をして仕事を辞めていったのです。そしてかつての同僚たちは、妊娠して出産をして母親になっていきました。ある日、元同僚から「そろそろ結婚しないと、一生一人のままだよ、子供も産みたいならば35歳までに妊娠しないと辛いよ。」というようなことを言われました。わたしはとてもショックでした。その時に初めて、仕事を辞めたいという感情が生まれました。その後も看護師として働いていましたが、年下の後輩が結婚をきっかけに辞めていったのです。次第に辞めたいという感情が大きく膨れ上がり、わたしは結局仕事を辞めたのです。自分の人生は一度きりです。看護師としての仕事はとても素晴らしいですが、わたしは自分自身の幸せも大切にしたいと思いました。辞めたからこそ、冷静になって自分自身を見つけることができました。そして結婚相談所で出会った男性と結婚をすることができました。どのように生きていくかということをなるべく早めに計画しておくことが大切です。