結婚して辞めて行く顧客を見て・・・

わたしは看護師の取引が好きで、自尊心を以て働いていました。運命こういう取引を続けていくという気持ちで学生の位から研究を通じて、なんとか妄想であった看護師になれたのです。ただし、30年齢を過ぎてから、周囲のそれぞれがひっきりなしに婚姻を通じて取引を辞めていったのです。そうしてかつてのそれぞれたちは、妊娠してお産を通じて母親になっていきました。ある日、元それぞれから「もう婚姻しないと、運命独自のままだよ、こどもも産みたいならば35年齢までに懐妊しないと疎ましいよ。」というようなことを言われました。わたしはとても驚がくでした。その時に何とか、取引を辞めたいという思いの丈が生まれました。その後も看護師として働いていましたが、年下の後輩が結婚をきっかけに辞めていったのです。だんだん辞めたいという思いの丈が大きく膨れのぼり、わたしは結局取引を辞めたのです。自分のライフスタイルは単発だ。看護師としての取引はとても素晴らしいですが、わたしは自分自身の至福も大切にしたいと思いました。辞めたからこそ、冷静になって皆さんを見つけることができました。そうして婚姻ネゴシエイションポイントで出会った男と婚姻をすることができました。どのように生きていくかということをできるだけ早めに計画しておくことが大切です。