結婚して辞めていく人を見て・・・

わたしは看護師の仕事が好きで、誇りをもって働いていました。一生この仕事を続けていくという気持ちで学生のころから勉強をして、やっと夢であった看護師になれたのです。しかし、30歳を過ぎてから、周囲の同僚が次々に結婚をして仕事を辞めていったのです。そしてかつての同僚たちは、妊娠して出産をして母親になっていきました。ある日、元同僚から「そろそろ結婚しないと、一生一人のままだよ、子供も産みたいならば35歳までに妊娠しないと辛いよ。」というようなことを言われました。わたしはとてもショックでした。その時に初めて、仕事を辞めたいという感情が生まれました。その後も看護師として働いていましたが、年下の後輩が結婚をきっかけに辞めていったのです。次第に辞めたいという感情が大きく膨れ上がり、わたしは結局仕事を辞めたのです。自分の人生は一度きりです。看護師としての仕事はとても素晴らしいですが、わたしは自分自身の幸せも大切にしたいと思いました。辞めたからこそ、冷静になって自分自身を見つけることができました。そして結婚相談所で出会った男性と結婚をすることができました。どのように生きていくかということをなるべく早めに計画しておくことが大切です。

看護師「仕事辞めたい」

看護師として仕事を続けている途中に、何度も辞めたいと感じた看護師は半数以上は占めていると考えます。退職理由は、多忙であることや残業が多いことや休日の少なさ、仕事内容とは比例しない賃金の安さや患者とその家族または同じ看護師や他の医療関係者との人間関係などがあげられます。しかし、看護師を辞めたいと考えて実際に辞めたとしても、また同じ看護師として働く人も多数いることも事実です。今一度、退職理由を考えてみましょう。多忙で雑多な業務内容があるなら、今働いている職場での業務改善案を考えて上司に提案してみましょう。休日の少なさや低賃金または残業が多いならと感じるなら、県内にある労働基準監督署に相談に行ってみるのもよいでしょう。人間関係で悩んでしまったら、まずは直属の上司に相談してみましょう。きっと力になってくれるはずです。この職場で仕事をすることが楽しくなるように自らアクションを起こしてみてください。一人で不安なら、同じ退職理由を持っている人を探してみて、お互いに思っていることを話し合ってみるのも良いでしょう。ここで絶対してはいけないことは、一人で悩み不安にかられて突発的に退職をしないようにすることです。転職を短期間に繰り返すことは、社会人として良い評価とは考えられていないからです。